生前の準備・相続対策

専門用語を使わない相続講座開催!

詳細を見る

相続手続き

生前の準備・相続対策

事業継承

セミナーについて

スタッフ紹介

よくある質問

会社案内

日本相続知財センターおおさか支部
一般社団法人OK相続センターおおさか

〒541-0043
大阪市中央区高麗橋2-5-10 アイケイビル

0120-50-2794

06-6226-8777

日本相続知財センター

MGS税理士法人

トラブル原因は間違いなく不動産

分けにくい・分けられない「不動産」がトラブルの原因に…もめやすいのは「財産が自宅とわずかな預金だけ」のケースです。

自宅などの不動産は、分けにくい・分けられないことが多々あります。そこが相続ではトラブルの原因になりやすく、遺産分割事件のうち85%は不動産が関係しています。また、遺産の価格別のうち75%は5,000万円以下の財産というデータもあり、争いの原因は「遺産額」ではなく「遺産内容」と言えます。トラブルになる可能性がある不動産は、名義など現状を正確に把握し、誰に相続させるかを決めておくなど、対策をしておくことがご家族の幸せにつながります。

遺産分割事件のうちの認容・調停成立件数

生命保険トラブル

生命保険は「お金の遺言」です。受取人を指定できるので、円満・円滑な相続ができます。

一時払い終身保険などの生命保険は「お金の遺言」として活用することが可能です。
生命保険は保険金の受取人を指定することで、遺言と同様の効果が得られるため、早くに保険金を受け取れる、受取人固有の財産のため遺産分割協議の必要がないなどのメリットがあります。
生命保険を上手に活用し、ご自身の意思に沿った人に遺したい金額を確実に渡すことでトラブルを回避し、円満・円滑な相続を実現します。

メリット1
●早く受け取れる
●相続放棄しても受け取れる
メリット2
●遺産分割協議(話合い)不要
●死亡保険受取人の固有の財産
メリット3
●相続税法上、みなし相続財産として課税されるが、
原則相続人一人あたり500万円の非課税枠あり(現行法)

落とし穴?

遺産総額に占める保険金の割合が大きい場合、「特別受益」と認定される場合あり
(平成16年10月29日最高裁判決)

Copyright ©日本相続知財センターおおさか支部 一般社団法人OK相続センターおおさか. All Rights Reserved.